インスタグラムもチェック!(t.o.l.l.y.34)
スポンサーリンク

土地契約までにやるべきポイント(買付申込書編)

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

土地契約について『買付申込書~契約』までのざっくりとした流れと、

気を付けたいポイントについて2回に分けて書いていきます。

 

今回は、土地購入の意思を不動産屋、売主様に伝える手段である、

買付申込書を書く際のポイントについて記載をしていきます!

 

細かい流れなどについては、他の方のブログでたくさん書かれてますので、そちらを見て頂き、

ここでは土地契約において、損をせず、得をする進め方のポイントについて書いていきます!

 

この記事と次に書く記事を最後まで読んで頂けると、

土地契約が怖くなくなり、自分主導で契約有利に進めれるようになると思います!

 

スポンサーリンク

買付申込書を出す際のポイント

買付申込とは?

別記事で紹介した方法で、購入したい!という土地が見つかったらまず最初にすることは、

土地を売っている不動産屋に対して、

買付申込書を提出し『この土地を購入したいです!』という意思表示をすることです。

 

 

買付申込書には、希望価格、手付金額、契約希望日、引渡希望日、有効期限など

こちらの希望他条件を記載する必要があります。

 

 買付申込書については、特に正式フォーマットがあるわけでは無く、
上記の内容について記載があれば、どのような形でもOKなようですが、
自分で用意するのは面倒なのと、抜けがあって上手く申し込み出来なかったら怖いので、
ハウスメーカーからもらうようにすればOKです!

 

ここで気になってくるのが、希望購入価格をどう設定するか?だと思います!

 

一般的には、

土地の金額の端数(2,990万だと90万)部分は、売主様が値引きをしても良いと考えている値引きシロで、

 

反対にキリの良い数字(2,900万)の場合は、値引きをしない場合が多い。

というが言われており、

 

 後者の場合に希望購入価格を下げて申し込みをすると、売主様の心象を悪くして、

最悪断られるケースがあるという事があるようです。

 

ただ、これは一般論なので、全てがこのパターンに当てはまるとは思いません!

希望購入価格を記載する上で、私なりの考えがありますので、このあとで書いていきたいと思います!

 

 この買付申込書には法的な効力はありませんので、気になって迷っているなら、一度提出してみることをオススメします!

 

一般的に申込書の有効期限は1-2週間なので、悩んでいる方はその期間も使って悩んで、結果的に購入見送りになったら、そのタイミングでキャンセルしても問題ありません。

 

ただ、買付申込書を提出した段階で、不動産屋、売主様は契約に向けて動き出されるので、複数を同時にキープするようなことなどは、個人的にはやめた方が良いと思います。

売主様について可能な限り調べる

これは買付申込書を出す前にやるべき事ですが、

先ほどの章で説明をした購入希望価格を設定する際に有効になる情報です!

 

売主様について調査する方法は2つしか無いと思います。

1.不動産屋に聞く

2.土地見学に行った際に、近隣住民に聞く

 

不動産屋に聞くのもオススメですが、あくまでも土地売買の為だけの関係になる事が多いと思いますので、

表面的な事しか知らない場合がほとんどです。

 

なので、可能であれば、近隣住民の方売主様の年齢、職業、雰囲気、資産などなど、

聞ける範囲のことは全て聞いておく事をオススメします!

 

そんな個人情報言う人おらんやろ!って思うかもしれませんが、あなたの周りにも噂好きのおしゃべり好きって絶対いると思うんです。なので、近隣住民10人に声かければ1人くらいこんな人に絶対出会えます!w

 

あと近隣住民に話を聞くと、当然ながら近隣住民の雰囲気、町の雰囲気など、買主として知りたい情報をたくさん入手する事が出来るので、絶対やった方が良いです!

 

で、なぜこれが購入希望価格を設定する際に有効になる情報かと言うと、

売主様の人となりが分かれば、なぜ土地を売る理由、お金を作りたい理由が見えてくるからです。

 

例えば、このような2人の売主様だと違いは一目瞭然です。

売主Aさん

・借金返済の為に泣く泣く土地を売る人
・少しでも高く売りたい

→値引きは難しいかな

 

売主Bさん

・その地の地主さんで悠々自適に暮らされている
・財産整理の為の売却、多分お金に困っていない

→値引きの余地あるかも

 

 

あとプラスαで、近隣住民の方に話を聞くときに、購入予定地の見学に来ている人の数も聞いておいた方が良いかもしれません。

 

人気のある土地は、売主様も強気に出るので値引きが難しいかもしれませんが、

あまり人気の無い土地だと早くお金に変えたい売主さんなら値引きに応じてくれるかもしれません!

 

ただ、人気の無い土地を私たちが気に入ることも少ないと思いますので、

プラスαくらいで考えてもらえればOKです。

 

まとめ

この記事では、買付申込書の提示までに買主側でやっておきたい事について、記載をしました!

これをやっておけば、お得に土地を購入出来る確率が上がる事と、土地選びの際に気になる点についても

近隣住民の方からのリアルな情報を入手することが出来るので、オススメです!

 

次回の記事では、契約までにやっておきたいポイントについて整理します!(これマジで重要です!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました